footprints

これがすべてではないけれど、生きていた証としておいておきます。

Waka Kobayashi

  • 1986年

兵庫県西宮市生まれ。

両親ともに芸大卒らしく、とにかく変なオブジェや手作りの多い家。

家は40度はあると思われる長〜い坂のど真ん中。

幼稚園は聖和幼稚園。天使の役をやったビデオが残っている。

コオロギ山でいつも一人遊び。

 

  • 1995年 

上ヶ原小。

小学3年生、阪神淡路大震災で被災。体験記はこちら

家の前の長い坂がべっきべきになった。体育館や幼稚園にしばらく避難。

 

学校に馴染めない。シマリスだけが心の拠り所。

小学3年生恩師吉野先生の「わかちゃんはしまりすが好きなんやね」という丸ごと受け止めてくれる姿勢に救われる。29歳の時、セクシュアルマイノリティの研修講師をしたことを通じて再会。

  • 1997年 

小学5年生、NYの現地小学校Saddle Rock School1年間通学。melting potを体感!

友達関係がうまくいかない。まわりが他の楽曲で盛り上がる中、ついていけなかったが、オザケンと宇多田ヒカルに出会い、救われる。

  • 2001年

上ヶ原中学校へ。緑のスカートに衝撃。

剣道にのめり込む。

いじめが日常的にあり、学校が嫌いだった。

クラスの雰囲気に馴染めない。

グループ交際の仕方がわからない。

この頃から使い捨てカメラを手放さない。撮った写真をコラージュし始める。(コラージュという言葉は27歳くらいの時に知った)

  • 2004年 

県立芦屋南高校国際文化科卒業。剣道にすべてを注いだ3年間。

注ぎすぎて他のことはしていない。

初めて「心友」と呼べる友人との出会い。救われる。

高2の夏1週間メキシコへ一人で行く。現地で知人と合流。念願のサボテンを食べる。

 

  • 2004〜2008年 

関西学院大学 総合政策学部 総合政策学科卒業

Eco-Habitat関西学院、関学よさこい連炎流、渡部ゼミに全てを注いだ4年間。

フィリピン4回、韓国1回、インド2回。

―1回生の時、フィリピンのスモーキーマウンテンへ。そこで出会った女性に"あなたにとって幸せとは何ですか?"と聞いたら、"家族が居てくれれば幸せ"と。それから自分にとっての"幸せ"とは何かを考え続けた4年間。

―1回生の終わりの春、先輩や友人10名でインドへ。マザーテレサの"死を待つ人の家"で働き、"ボランティアとは何か"を考え続けた4年間。"フィリピンに友達がいれば、戦争したいなんて思わないよね。きっと相手もそう思ってくれるはず。"という友人の言葉ですっきりした気がした4回生最後のフィリピン。

ー募金活動をしながら、関学三田キャンパス〜広島平和記念公園までサイクリング380km。リーダーをしたのは奇跡の軌跡。

ー2006年。進級論文で性同一性障害、セクシュアルマイノリティについて調査、発表。多様な性に出会う。

ー卒業論文 "What we lean from sexual diversity?"にてセクシュアルマイノリティについてインタビュー調査等を行う。

 

友人にあげるプレゼントはすべてメッセージと写真のコラージュか映像。映像は4年間で10本以上作った。 デジタルカメラを手に入れたことにより写真によりのめり込む。撮ったものを映像にしたりコラージュするのにはまる。

  • 2008年〜

これから5年間ほど、毎月30人ほど集まるLGBTサークルの運営に関わる。

 

  • 2008〜2012年2月

約4年間システム会社に勤務。

販売管理システムの導入支援&インストラクターを経験。

上司がセクシャリティをアウティング。(体験談記事)

突発性難聴。

とにかくいっぱい考え、学び、お世話になった4年間だった。

 

  • 2009年

台湾LGBTパレードへ。2万5千人に圧倒された。

 

  • 2010年

また台湾LGBTパレードへ。

 

  • 2010年6月 パートナーと出会う(2017.1.7解散) 
  • 2010年11月

母校関西学院大学の授業でLGBTのことを伝える時間をいただく。

自分で先生にお願いして、時間をもらえた。

15名。15分。

初めての講演、友人達に協力してもらい、メッセージを持った写真を流す、5分ほどのスライドを流した。話したのは10分だけなのに泣いてしまった。

これ以降、講演活動をするきっかけになり、月数回講演に参加し始める。

  • 2011年5月17日

三宮神戸マルイ前にて神戸IDAHOアクション主催。

フリーペーパー「わっか家VOL.1」約250枚配布。写真を撮っているセクマイの友人から写真を提供してもらい、あおぞら写真展。その後、毎年IDAHOを開催。

  • 2012年1月

わっか家のHPをオープン!とりあえず動こう…。レインボーグッズなど作品販売開始。

  • 2012年3月 再び3回目のインドへ。半月間Wall Art Festivalに参加。気付くと耳鳴りが治っていた!残り半月はパートナーと2人、もう一度マザーテレサの施設へ。
  • 2012年4月 関東2週間の旅。会いたかった人、農家をしている先輩、点々と旅へ。東京〜さいたま〜茨城。
  • 2012年7月 LGBT離職防止研究所の立ち上げ、ワークショップ運営に携わる。

(〜2013年3月まで)

  • 2012年7月〜12月 社会活動の団体AIBOスタッフとして企画、運営。
  • 2013年5月 2週間沖縄ひとり旅。那覇2泊〜宮古4泊〜石垣島6泊〜西表2泊。
  • 2013年5月 西宮市教育委員会発行のセクシュアルマイノリティに関する冊子作りに関わる。
  • 2013年6月 1週間東北ふたり旅。仙台1泊〜石巻〜女川〜気仙沼1泊〜大船渡〜陸前高田〜南三陸〜仙台2泊(松島)〜福島いわき市1泊〜東京2泊。
  • 2013年11月 LGBT関連のNPOでアルバイト開始。
  • 2014年4月 上記NPOの正規スタッフに。企業、行政での講演、イベント実施、行政のLGBT事業委託事業運営、リーフレット作成など事務局長的役割を担う
  • 2013年12月25日 いろいろあって実家家庭崩壊。プリンターと下着だけもって家出。パートナーの6畳のアパートで二人暮らし開始。
  • 2014年3月23日〜パートナーと部屋を借りて築50年のアパートで2人暮らし開始。
  • 2014年5月 友人を自死で失う。
  • 2014年5〜9月 パートナーとうまくいかず、家庭内別居。ピリピリした思い出したくもない日々。
  • 2014年10月 「付き合い直そう」という言葉で修復。お互いに人生に磨り減っていたことに気づく。
  • 2015年3月1月 テディモルモットのふくちゃんがやってきた。ふくちゃんの毎日。開始。
  • 2015年4月 パートナーの卵巣嚢腫が発覚。(体験談記事)
  • 2015年5月 心療内科、カウンセリングに通い、抗うつ剤、睡眠剤を利用しはじめる。
  • 2016年4月 休職。鬱、パニック状態がひどくなり、ひとりで出歩けない日々が11月まで続く。生死をさまよう日々。
  • 2016年6月 minne、suzuriにて作品販売開始
  • 2016年1月7日 6年付き合ったパートナーと別れる。共依存傾向にあったと思う
  • 2016年1月16日 初めての一人暮らし+ふくちゃん
  • 2017年1月2日 「#わかのことば」開始
  • 2017年1月28日 WAISⅢ・CAARS・A-ASD心理検査結果により、ADHDとASD(自閉症スペクトラム)の特徴両方を併せもっていることがわかる
  • 2017年2月1日 屋号「わっか家」改め「・waka・」に変更。minneのウェブショップ名も・waka・'s gallary」に変更 
  • 2017年2月3日ギターと歌を始める
  • 2017年2月6日〜3月10日 神戸IDAHOでクラウドファンディングに挑戦
  • 2017年2月8日友人の唄に人生初めて作曲編曲。「ALIVE」
  • 2017年2月14日人生初の作詞作曲
  • 2017年5月16日 関西学院大学総合政策学部のチャペルにて講演。動画をYouTubeにアップ。約7年間の講演活動に一区切りつける。(スピーカーへの想い原稿)
  • 2017年5月20-21日 ゲシパに委託販売
  • 2017年7月3日 カミングアウトムービー公開 

 

going on...